大阪大学 > 基礎工学部・基礎工学研究科 > 電子物理科学科物性物理科学コース > 椋田研究室 > 旧北岡研

ようこそ 超伝導物性・NMR分光グループ 椋田(むくだ)研究室へ


 高温超伝導物質の起源、様々な新奇超伝導物質の多様な電子状態および超伝導発現機構、電子の持つ「スピン」・「電荷」・「軌道」の多面性が複雑に絡んだ新しい量子相およびそれらに伴う新奇な磁気および伝導現象など、ミクロな視点からの探索・解明を目指します。

   実験手法として、主に「核磁気共鳴(NMR=Nuclear Magnetic Resonance)法」を用います。この手法は、物質中の特定原子を選択した原子核磁気モーメントと、物性を支配する電子の磁気モーメントの相互作用を通じて、物質内の電子状態をミクロスコピックな視点からアプローチできる独特の実験手法であり、現在物性物理学で欠かせない測定手法の一つとなっています。

 低温・強磁場・高圧などの複合極限を組み合わせたNMRの物性研究手法の可能性を追求して、未来を創る新しい物質の新機能を開拓します。